ティトに達する書
 1  2  3


1 1 パウェル、かみぼく、イイスス ハリストスの使かみえらびたるものしんみちびき、かれをしてけいけんぞくするしんじつらしめ、
2 かれをして、いつはりなきかみさきよりやくし、
3 いたりて、そのことばもって、われきうしゅかみめいしたがひて、われたくせられしせんでんりてあらはししえいゑん生命いのちのぞみしめんためてられたるものは、
4 しょして、きょうどうしんりてまことなるティトにたっす。ねがはくはおんちょうれんへいあんとは、かみちちおよしゅイイスス ハリストス、われきうしゅよりなんぢたまらんことを。
5 われなんぢをクリトにとどめしは、なんぢけたるところおぎなひ、およかくいうちゃうらうつること、なんぢめいぜしごとくせんためなり、
6 すなはちむべきところなきものいっをっとたるものそのぢょしんじゃにして、はうたうあるひじゅんうったへなきものえらびてつるなり。
7 けだし監督エピスコプは、かみいへづかさたるにより、むべきところなきものおのれらず、かろがろしくいかりらず、さけこのまず、ひとたず、むさぼらず、
8 すなはちねんごろゑんじんあしらものぜんこのものれんせつこうせいけつせっせいなるもの
9 まなびしところまことなることばかたものたるべし、じゅんせいをしへもっひとすすめ、かつこうろんするものくじくをためなり。
10 けだししたがはざるものくうろんものおよまどはすものおほくあり、かつれいしゃおいことおほし、
11 くのごとものくちふさぐべし、かれためよろしからざることををしへて、ぜんくつがへす。
12 かれうちひとりなる、かれぞくするげんしゃへり、クリトじんつねいつはものしきけものらんなるはらなりと。
13 しょうまことなり。ゆゑなんぢきびしくかれめよ、かれしんけんぜんにして、
14 イウデヤじんきょせつおよしんじつせむひとびとりつれいこころもちゐざらんためなり。
15 いさぎよものためには、およそものきよし、けがれたるものおよしんしゃためには、いつきよものなし、すなはちかれしきりゃうしんけがれたるなり。
16 かれかみるとふ、しかれどもおこなひもっこれむ、けだしにくむべきものしたがはざるものおよそぜんちたるものなり。

2 1 しかれどもなんぢじゅんせいをしへかなふことをへ、
2 すなはちらうじんには、きんしんたんさうれんせつにして、しんあいにんたいとに健全すこやかなるべきことすすめ、
3 らうには、おなじくそのぐわいせいけつかなひ、ざんせず、おほくのさけまず、ぜんもっひとをしふべきことをすすめ、
4 かれをして、わかをんなに、をっとあいし、あいし、
5 みづかせいし、ていけつにして、いへまもり、ぜんりゃうにして、そのをっとしたがふことををしへしむべし、かみことばそしりけざらんためなり。
6 またせうねんに、みづかせいすべきことをすすめよ。
7 なんぢ一切いっさいことおいて、おのれもっぜんかうはんし、でんけうおいて、あやまりなきこと、たんさうなること、いつはりなきこと、
8 ことばじゅんせいにして、むべきなきことをあらはせ、てきみづかぢ、われたいしてなにしきことをもふをざらんためなり。
9 ぼくには、そのしゅしたがひ、一切いっさいことおいかれよろこばれ、さからはず、
10 ぬすまず、すなはちまったちゅうしんあらはすべきことをすすめよ、かれ一切いっさいことおいわれきうしゅかみをしへかざりらんためなり。
11 けだしかみおんちょうしゅうじんすくひほどこものあらはれて、
12 われに、けいけん俗のよくとをはなれて、みづかせいし、けいけんとをもっいまいのちわたり、
13 のぞところふくおよおほいなるかみわれきうしゅイイスス ハリストスのくわうえいあらはれつことををしふ。
14 かれわれためおのれあたへたり、われおよそはふよりあがなひて、おのれためえらばれたるたみぜんかうねっしんなるものきよめんためなり。
15 なんぢこれひ、これすす一切いっさいけんもっめて、ひとをしてなんぢかろんぜしむるなかれ。

3 1 なんぢかれに、まつりごとものおよけんものふくかつしたがひ、およそぜんかうおのれそなへ、
2 ひとそしらず、あらそはず、にうにして、ことごとくのひとおよそ温柔をんじうあらはさんことをねんせしめよ。
3 けだしわれさきにはおろかなるものしたがはざるものまよへるものしゅじゅよくたのしみとのれいたるもの怨恨うらみ娼嫉ねたみもっおくりしものにくむべきものまたたがひにくめるものたりき。
4 しかれどもわれきうしゅかみおんちょうじんあいとのあらはれしとき
5 かれわれおこなひしところわざるにあらず、すなはちおのれれんりて、ちょうせいせんおよせいしん゜のふくしんもって、われすくへり。
6 せいしん゜は、すなはちかみこれをイイスス ハリストスわれきうしゅりて、ゆたかわれそそげり、
7 われかれおんちょうもっとせられて、のぞみしたがひて、えいゑん生命いのちよつぎらんためなり。
8 まことなるかなことばわれなんぢこれことたしかしょうするをのぞむ、かみしんずるものつとめてぜんかうおこなはんためなり、これにしてひとえきあり。
9 おろかなるべんろんと、けいと、争闘さうたうと、りっぱふあらそひとをとほざけよ、けだしこれえきなくして、むなしきことなり。
10 たんものを、ひとたびおよ二次ふたたびいましめてのちに、しりぞけよ、
11 くのごとものみちそむき、つみおかして、みづかていするをればなり。
12 がアルテマあるひはティヒクをなんぢつかはさんときなんぢすみやかわれにニコポリにきたれ、けだしわれ彼処かしこふゆごさんことをさだめたり。
13 りっぱふジナ、およびアポロスをねんごろおくりて、かれいつとぼしきことなからしめよ。
14 われともがらぜんかうつとめて、もとむるところようそなふるをまなぶべし、むすばざるものらざらんためなり。
15 われともものみななんぢあんふ。なんぢしんりてわれあいするものあんへ。ねがはくはおんちょうなんぢしゅうともらんことを、アミン

戻る