ティモフェイに達する後書

 1  2  3  4


1 1 パウェル、かみむねりて、ハリストス イイススに生命いのちきょやくしたがひて、イイスス ハリストスの使れるものは、
2 しょしてあいティモフェイにたっす。ねがはくはおんちょうれんへいあんとは、かみちちおよびハリストス イイススわれしゅよりなんぢたまはらんことを。
3 われせんよりいさぎよりゃうしんもっつかふるところかみかんしゃす、ちうたううちなんぢねんしてめざるにる、
4 かつなんぢなみだおもひて、せつなんぢんことをのぞむ、よろこびてられんためなり。
5 けだしわれなんぢいつはりなきしんおもおこす、さきなんぢロイダ、およなんぢははエウニカにりき、われたしかしんず、なんぢうちることを。
6 ゆゑわれなんぢに、われあんしゅりてなんぢうちところかみおんもやさんことを、ねんせしむ。
7 けだしかみわれたまひしは、おそれしん゜にあらず、すなはちちからあいえいとのしん゜なり。
8 ゆゑなんぢわれしゅイイスス ハリストスのしょうおよかれ囚人めしうどたるわれもって、はぢなかれ、すなはちかみちからしたがひて、ハリストスのふくいんともくるしみけよ。
9 かみわれすくひ、かつせいなるめしもっわれせり、われおこなひるにあらず、すなはちそのむねおんちょうとにるなり、おんちょうさきよりハリストス イイススにおいわれたまはり、
10 いまわれきうしゅイイスス ハリストスのあらはるるをもって、あきらかになりたり、けだしかれほろぼし、生命いのちきうとをてらせり、ふくいんりてなり、
11 われこれためてられて、せんでんしゃり、はうじんけうれり。
12 ゆゑにをもって、われこれくるしみく、しかれどもはぢとせず、けだしわれしんずるものり、かつかれわれたくせしものかれいたるまでまもらんことをくすとかくしんす。
13 なんぢハリストス イイススにけるしんあいとをもって、われきしところじゅんせいことばはんたもて。
14 われうちせいしん゜をもって、たくまもれ。
15 アシヤのものみなわれてたり、なんぢこれる、そのうちにフィゲルおよびエルモゲンあり。
16 ねがはくはしゅれんをオニシフォルのいへたまはんことを、けだしかれしばしばわれなぐさめ、かつ縲絏るゐせつはぢとせざりき、
17 すなはちロマにりしときつとめてわれたづねて、われへり。
18 ねがはくはしゅかれに、おいて、しゅれんふことをたまはん、エフェスにりてかれ如何いかばかりかわれつかへしは、なんぢさらこれる。

2 1 よ、これもっなんぢハリストス イイススにおんちょうけんなれ。
2 またおほくのしょうしゃまへおいわれきしことを、ちゅうしんにしてにんをしふるをよくするひとたくせよ。
3 ゆゑなんぢくるしみしのぶこと、イイスス ハリストスのぐんごとくせよ。
4 およぐんたるものは、せいつともっおのれわづらはさず、かれつのれるものよろこばしめんためなり。
5 またちからきそものは、はふしたがひてきそはずば、 かんむりず。
6 らうするのうみつくらふをべし。
7 ところさっせよ、ねがはくはしゅなんぢばんさとらしめん。
8 ダワィドのすゑたるしゅイイスス ハリストス、よりふくくわつせしものを、ふくいんしたがひてねんせよ。
9 ふくいんためわれくるしみけて、はんざいしゃごとつながるるにいたれり、しかれどもかみことばつながれず。
10 ゆゑわれえらばれたるものために、一切いっさいことしのぶ、かれもハリストス イイススにおいて、すくひえいゑんくわうえいとをためなり。
11 まことなるかなことばわれかれともせばかれともきん。
12 しのばば、かれともわうたらん、まば、かれわれまん。
13 われしんならずば、かれつねしんなるなり、けだしおのれたがあたはず。
14 なんぢこれことねんせしめ、しゅまへいましめて、さうろんなからしめよ、いつえきなくして、ものみだすのみ。
15 つとめておのれよみすべきものはぢざるこうしゃしんじつことばただしくつたふるものとして、かみまへてよ。
16 みだりなるきょげんけよ、けだしかれますますけんすすまん、かれことばだつごとひろまらん。
17 イメネイおよびフィリトはくのごとものうちり、
18 かれしんじつはなれ、ふくくわつすでぎたりとひて、あるものしんやぶる。
19 しかれどもかみかたもとゐてり、これしるしあり、いはく、しゅおのれぞくするものれり、またいはく、およしゅとなふるものはなるべしと。
20 おほいなるいへには、ただきんおよぎんうつはあるのみならず、またおよつちうつはあり、あるひたっとようものあり、あるひたっとからざるようものあり。
21 ゆゑひとこれはなれて、おのれいさぎよくせば、たっとようり、せいにせられて、しゅさいようふ、およそぜんかうそなへられたるうつはらん。
22 なんぢせうねんよくけて、しんあいおよきよこころよりしゅものけるへいへ。
23 がくべんろんけよ、あらそひこれよりしゃうずるをればなり、
24 しかれどもしゅぼくあらそからず、すなはちにうしゅうじんあしらひ、けうくんほどこし、にんたいし、
25 温柔をんじうもって、さかものいましむべし、かみあるひかれくわいかいあたへて、しんじつらしめん、
26 かれあくすなはちかれとらへておのれむねおこなはしむるものあみよりのがれんためなり。

3 1 なんぢこれれ、すゑおいくわんなんときいたらん。
2 けだしひとあいたんらんけうがうきょうまんなるものぼうするものしたがはざるものおんらざるものけんなるもの
3 じゃうなるものこのまざるものざんげんするものよくほしいままにするものざんこくなるものぜんこのまざるもの
4 しんやぶものほうなるものなるものかみあいするよりいつらくあいするもの
5 けいけんかたちありてそのじつてしものらん。なんぢくのごとものけよ。
6 ひといへひそかりてをんなまどはすものは、かかともがらぞくす、をんなすなはちつみおぼれ、しゅじゅよくいざなはれ、
7 つねまなべども、しんじつるにいたあたはざるものなり。
8 イアンニイおよびイアムブリイのモイセイにてきせしがごとく、の輩、すなはちやぶられたるものしんくらものは、またくのごとしんじつてきするなり。
9 しかれどもかれおほすすまざらん、けだしかれは、かれにんひしところごとく、しゅうじんまへあらはれん。
10 なんぢいたりては、けうくんひんかうしんかうくわんようじんあいにんたい
11 がアンティヲヒヤ、イコニヤ、リストラにりてひしところきんちくおよなんおいて、われしたがへり、きんちくわれこれしのび、しゅわれことごとそのうちよりすくへり。
12 およけいけんもって、ハリストス イイススにりていのちわたらんとほっするものは、みなきんちくせられん。
13 しきひとおよひとあざむものは、ますますあくすすみて、ひとまどはし、みづかまどはされん。
14 しかれどもなんぢまなびしところの、およなんぢたくせられしところれ、なんぢたれよりまなびしかをればなり。
15 かつなんぢいとけなきよりせいしょる、すなはちなんぢに、ハリストス イイススにけるしんりて、すくひしむるあたふるものなり。
16 せいしょみなかみかんずるところものにして、けうくんとくせきけうただおよみちびくにえきあり、
17 かみひとまったもののとりて、およそぜんかうそなへられんためなり。

4 1 ゆゑわれかみおよわれしゅイイスス ハリストス、すなはちその顕現あらはれときそのくにおいて、せいしゃおよしゃしんぱんせんとするものまへりてなんぢいましむ、
2 ことばつたへ、ときるも、ときざるも、はげみてこれつとめ、およそごうにんけうくんとをもっいましめ、すすめよ。
3 けだしときいたらん、ひとびとじゅんせいをしへれず、すなはちそのよくしたがひて、おのれためみみよろこばしむるけうえらび、
4 みみしんじつよりけ、てんじてきょせつむかはん。
5 しかれどもなんぢ一切いっさいことけいせいし、くるしみしのび、ふくいんしゃわざおこなひ、なんぢつとめつくせ。
6 けだしわれすでまつりとしてけんぜらる、ときいたれり。
7 われたたかひたたかひ、すべきみちつくし、しんまもれり。
8 いまよりかんむりわれためそなへらる、しゅなるしんぱんしゃは、おいて、これわれたまはん、ただわれのみならず、すなはちおよかれ顕現あらはれしたものにもたまはん。
9 なんぢつとめてすみやかわれきたれ。
10 けだしディマスはあいし、われてて、フェサロニカにき、クリスケントはガラティヤに、ティトはダルマティヤにけり。ひとりルカのみわれともり。
11 なんぢマルコをたづさへて、ともきたれ、けだしかれえきためわれえうするところあり。
12 われティヒクをエフェスにつかはせり。
13 なんぢきたときがトロアダにおいて、カルプにたくせしがぐわいふくたづさへ、またしょじゃくことかはものたづさへよ。
14 どうこうアレキサンドルわれおほくのがいせり。ねがはくはしゅそのおこなひしたがひてかれむくいん。
15 なんぢかれふせげ、けだしかれはなはだしくわれことばてきせり。
16 はじめておのれことうったふるとき一人ひとりわれともにせざりき、みなわれはなれたり。ねがはくはかれせざらん。
17 しかれどもしゅわれともちて、われかためたり、われりてふくいんしょうめいせられて、はうじんみなこれかんためなり、われししくちよりのがれたり。
18 しゅまたわれもろもろあくことよりのがれしめて、われそのてんこくためすくはん。ねがはくはくわうえいきゅうかれせん、アミン
19 なんぢプリスキラおよびアキラ、およびオニシフォルのいへあんへ。
20 エラストはコリンフにとどまれり、トロフィムはやまひうれふるにりて、われかれをミリトにとどめたり。
21 なんぢつとめてふゆまへきたれ。エワゥル、プド、リン、クラウディヤおよしゅう兄弟けいていなんぢあんふ。
22 ねがはくはしゅイイスス ハリストスはなんぢかみともにせん、ねがはくはおんちょうなんぢともらんことを、アミン

戻る