ティモフェイに達する前書

 1  2  3  4  5  6


1 1 パワェル、かみわれきうしゅおよしゅイイスス ハリストス、われのぞみなるものめいほうじて、イイスス ハリストスの使れるものは、
2 しょしてしんおいまことなるティモフェイにたっす。ねがはくはおんちょうれんへいあんとは、かみわれちちおよびハリストス イイススわれしゅよりなんぢたまはらんことを。
3 がマケドニヤにときなんぢにエフェスにとどまりて、あるひとびといましめめて、ことなることををしふるなく、
4 またきょたん.およきわまりなきけいすなはちかみけるしんけんりつよりもおほさうろんしゃうずるものに、こころもちゐざらしめんことをもとめしがごとく、いままたしかり。
5 いましめ目的もくてきとするところあいなり、すなはちいさぎよこころと、きずなきりゃうしんと、いつはりなきしんとにものなり。
6 あるものこれたがひて、むなしきろんてんじ、
7 けうはふらんとほっして、みづかそのところだまむるところらず。
8 われりっぱふきをる、ただひとはふしたがひてこれもちゐるにり、
9 けだしる、りっぱふじんためまうけたるにあらず、すなはちはふものふくものけんものざいあくものはうものけつものしいするものひところもの
10 いんかうものなんしょくものひとぬすものいつはりものちかひそむものおよそのげんぜんなるをしへもとことためまうけたるなり、
11 われたくせられしこうふくなるかみくわうえいふくいんしたがへるなり。
12 われちからたまひしハリストス イイススわれしゅかんしゃす、そのわれちゅうなるものて、えきしょくにんぜしにる。
13 われむかしそしものきんちくするものあなどものたりしが、らずして、しんぜざるにりてこれおこなひしゆゑに、矜恤あはれみかうむりたり。
14 しゅおんちょうは、ハリストス イイススにけるしんおよあいともゆたかわれうちあらはたり。
15 ハリストス イイススはざいにんすくはんためきたたれり、しんなる、まったくべきことばなり、ざいにんうちわれただいちなり。
16 しかれども矜恤あはれみかうむりしは、イイスス ハリストスがわれおいまったくわんにんしめしてのちかれしんじてえいゑん生命いのちんとほっするものはんさんためなり。
17 ねがはくはそんけいくわうえいとは、ばんせいわうやぶからずからざるどくいつえいかみに、きゅうせん、アミン
18 ティモフェイよ、われなんぢに、かつなんぢししげんかなひて、いましめたくす、なんぢげんしたがひ、しんきずなきりゃうしんとをたもちて、たたかひたたかはんためなり。
19 けだしあるものりゃうしんててそのしんおぼらせり、
20 そのうちにイメネイおよびアレキサンドルあり、われかれをサタナにわたせり、かれかみそしらざることをまなばんためなり。

2 1 ゆゑわれおよそことさきだちてすすむ、しゅうじんためていわうおよおよけんものために、たうぐわんこんきうかんしゃさんことを、
2 われおよそけいけんせいけつとをもって、へいあんにしてをんせいなるいのちわたらんためなり。
3 けだしわれきうしゅかみまへぜんにしてれらるることなり、
4 かれしゅうじんすくひおよしんじつるにいたらんことをほっす。
5 けだしかみいつなり、かみひととのあひだにはちゅうはうしゃまたいつなり、すなはちひとハリストス イイスス、
6 しゅうじんあがなひためおのれあたへしものなり。しょうそのおいすでりき、
7 われこれためてられて、せんでんしゃり、使り、ハリストスにりてしんじつひていつはらず、しんしんじつとをもっはうじんをしふるれり。
8 ゆゑわれのぞむ、をとこいさぎよげて、いかりなく、うたがひなく、いづれところおいてもたうさんことを、
9 をんなまたよろしきあかなふにころもれんていけつにしてみづかかざるに、かみむこと、あるひきんあるひしんじゅあるひかうなるころももってせず、
10 すなはちかみつかふるをやくせしをんなとなふがごとく、ぜんかうもってせんことを。
11 をんないうせいにして、まったしたがひてまなぶべし。
12 をんなにはをしふること、またをとこうへけんることをゆるさず、すなはちいうせいなるべし。
13 けだしアダムはさきつくられて、エワはのちなり。
14 かつアダムはいざなはれしにあらず、すなはちをんないざなはれてつみおちいれり、
15 しかれどもしんあいせいていけつとにらば、むにりてすくひん。

3 1 まことなるかなことばひと監督エピスコプしょくんとほっせば、ことのぞむなり。
2 ただ監督エピスコプところなく、いっをっとたるべく、きんしんれんせつたんせいたるべく、ねんごろゑんじんあしらひ、けうくんほどこし、
3 さけこのまず、ひとたず、はからず、をんにして、あらそひこのまず、ざいむさぼらず、
4 そのいへととのへ、およそたんさうもっそのぢょじゅんじゅうせしむべし、
5 けだしそのいへととのふるをらざるものは、如何いかにしてかみけうくわいをさむるをん。
6 あらたをしへすすみしものたるべからず、おそらくはほこりて、あくおなじくしんぱんふくせん。
7 またそとひとよりしょうせらるるものたるべし、おそらくは誹毀そしりおよあくあみおちいらん。
8 役事ディアコンまたたんさうにして、ぜつならず、さけたしまず、むさぼらず、
9 いさぎよりゃうしんしんあうたもものたるべし。
10 くのごとものは、これこころみて、むべきところなくば、すなはち役事ディアコンしょくつべし。
11 をんなまたたんさうにして、ざんせず、きんしんにして、およそことちゅうしんなるものたるべし。
12 役事ディアコンいっをっとにして、そのぢょそのいへとををさむるものたるべし。
13 けだしえきせしものは、おのれためじゃうきうと、ハリストス イイススにところしんけるおほいなる勇敢いさみとをるなり。
14 われすみやかなんぢいたらんことをのぞめども、これしょしてなんぢたっす、
15 われおそはらば、なんぢ如何いかかみいへすなはちけるかみけうくわいしんじつはしらおよかためなるものに、おこなふべきをらんためなり。
16 ろんなく、けいけんあうおほいなり、かみにくたいあらはれ、しん゜にりてとせられ、てん使られ、しょみんつたへられ、かいしんぜられ、くわうえいうちげられたり。

4 1 しん゜はあきらかふ、こうせいあるひとびとしんはなれて、誘惑いざなひしょしん゜、およをしへるるあらん、
2 そのりゃうしんかれたるきょげんしゃぜんりてなり。
3 かれしゅきんじ、しんじてしんじつものかんしゃしてくらはんためかみつくりたるしょくひんつことをめいず。
4 けだしことごとくのかみざうぶつぜんにして、つべきものなし、ただかんしゃしてこれくべし、
5 かみことばたうとをもっせいにせらるるがゆゑなり。
6 なんぢこれ兄弟けいていすすめば、イイスス ハリストスのえきしゃしんことばおよなんぢしたがひしをしへやしなはるるものらん。
7 いやしきむなせつおよらう談をけよ、みづかけいけんれんしふせよ。
8 けだしにくたいれんしふえきすこなし、ただけいけん一切いっさいことえきありて、げんざいおよらい生命いのちきょやくるなり。
9 まことなるまったくべきことばなり。
10 けだしわれこれためらうしてそしりく、すなはちけるかみのぞみあるにりてなり、かれことごとくのひとことしんじゃきうしゅなり。
11 なんぢこれこといましかつをしへよ。
12 ひとなんぢとしわかきをもっかろんずべからず、すなはちなんぢことばに、おこなひに、あいに、しん゜に、しんかうに、けつじゃうおいて、しんじゃはんれ。
13 どくしょと、くわんと、けうくんとを、つとめて、きたるをて。
14 なんぢおんげんりて、ちゃうらうあんしゅもって、なんぢさづけられしものゆるかせにするなかれ。
15 これことねんし、もっぱこれつとめよ、なんぢじゃうたつしゅうあらはれんためなり。
16 おのれをしふることとをつつしめ、つねこれれ、けだしおこなひて、なんぢおのれおよなんぢものすくはん。

5 1 らうにんげんせきするなかれ、すなはちかれすすむることちちけるごとくせよ、わかものには兄弟けいていけるごとく、
2 らうぢょにはははけるごとく、わかをんなには、およそけつじゃうもって、まいけるごとくせよ。
3 やもめうやまへ、すなはちしんやもめなるものを。
4 しかれどもやもめあるひまごあらば、かれおのれいへかうけいおこなひ、そのおやおんむくゆることまなぶべし、けだしにしてかみまへれらるべきことなり。
5 まことやもめにしてひとりなるものは、かみたのみて、ちうたうぐわんす、
6 しかれどもたのしみほしいままにするものは、くとも、せるなり。
7 なんぢこれもっかれいましめて、むべきところなからしめよ。
8 ひとおのれぞくするものことおのれぞくかへりみずば、しんそむき、しんしゃよりもしきものなり。
9 やもめせきのぼせらるるは、ろくじふさいよりすくなからず、いっつまたりしもの
10 ぜんかうもっしょうせらるるものしかくはぢょそだて、もしくはゑんじんやどし、もしくはせいあしあらひ、もしくはくわんなんひとたすけ、もしくはおよそぜんしたがひしものたるべし。
11 しかれどもわかやもめくるなかれ、けだしかれハリストスにそむきて、こころみだときは、またとつがんとほっす。
12 かれつみさだめられん、そのはじめしんてしゆゑなり。
13 かつかれかんにして、ひといへめぐるをならひひ、ただかんなるのみならず、またげんし、ききこのみ、ふべからざることふなり。
14 ゆゑわれわかやもめまたとつぎ、み、いへととのてきいつそしるべきをりあたへざらんことをほっす。
15 けだしかれうちにはすでてんじてサタナにしたがひしものあり。
16 しんだんあるひしんぢょやもめあらば、これやしなふべし、けうくわいわづらはすからず、これをしてまことなるやもめやしなふをしめんためなり。
17 をさむるちゃうらうは、ばいしてこれうやまふべし、ことばをしへとをもっらうするものには、ことしかすべし。
18 けだししょいはく、こくもつおとうしにはくちづるなかれ、またいはく、らうするものそのあたひるはよろしきなりと。
19 ちゃうらううったふることあらばさんしょうしゃあるにあらずば、これくるなかれ。
20 つみおかものしゅうまへめよ、ものおそれいだかんためなり。
21 われは、かみおよしゅイイスス ハリストスおよそのえらびたるてん使まへおいて、なんぢいましむ、これまもりてけんく、いつへんしておこななからんことを。
22 にはかなんぴとにもするなかれ、ひとつみあづかなかれ。みづかいさぎよきをまもれ。
23 これよりみづのみをなかれ、すなはちすこしくさけもちゐよ、なんぢはらためおよなんぢしばしばむにりてなり。
24 あるひとつみあきらかにしてただちさばきけしめ、あるひとつみあとあらはる。
25 くのごとぜんかうまたあきらかなり、しからざるものかくるるあたはず。

6 1 およくびきしたぼくは、おのれしゅもっまったうやまふべきものすべし、かみをしへとのそのられざらんためなり。
2 しんじゃたるしゅぞくするぼくは、その兄弟けいていなるゆゑもって、これかろんずべからず、すなはちますますつとむべし、そのしんじゃにして、あいせらるるものおんちょうあづかものたるにりてなり。なんぢこれをしかつすすめよ。
3 ことなることををしへ、われしゅイイスス ハリストスのじゅんせいなることばおよけいけんをしへしたがはざるものは、
4 みづかおごり、ところなく、たうろんさうべんやまひあり、これよりして娼嫉ねたみ分争あらそひ訕謗そしりしきうたがひ
5 またみだし、しんじつうしなひ、けいけんもっものなりとおもひとびとくうろんず。なんぢくのごとものよりとほざかれ。
6 けいけんにして、ることをるはおほいなるなり。
7 けだしわれなにものをもたづさきたらざりき、なにものをもこれよりたづさるをざることあきらかなり。
8 しょくあり、ころもありて、われれりとすべし。
9 とみんとほっするものは、いざなひに、あみに、ひとさいなんちんりんとにおぼらすところにしてがいあるおほくのよくおちいるなり。
10 けだしむさぼるはばんあくなり、あるものこれふけりて、しんよりはなれ、おほくのくるしみもっみづかせり。
11 かみひとよ、なんぢこれけて、けいけんしんあいにんたい温柔をんじうへ。
12 しんたたかひたたかひ、えいゑん生命いのちれ、なんぢこれされて、おほくのしょうしゃまへ承認うけとめせり。
13 わればんいういのちほどこかみまへおよびポンティイ ピラトにたいして承認うけとめしょうせしハリストス イイススのまへおいなんぢめいず、
14 きずなく、むべきなく、われしゅイイスス ハリストスの顕現あらはれいたるまで、いましめまもらんことを。
15 かみそのいたりて、顕現あらはれしめさん、すなはちいうふくにして、どくいつけんのうなるかみしょわうわうしょしゅしゅ
16 どくいつたもものちかづくからざるひかりものひといまかつず、またることあたはざるものなり。ねがはくはかれたふとえいえいゑんけんのうとはせん、アミン
17 なんぢおいめるものいましめよ、かれたかぶらずして、さだまりなきとみたのむなく、すなはちわれたのしみとのためゆたか一切いっさいたまけるかみたのみ、
18 恩恵おんけいおこなひ、ぜんかうとみをしまずしてほどこしし、ひとまじはり、
19 くしてえいゑん生命いのちために、らいもとゐたからおのれたくはへんことを。
20 嗚呼ああティモフェイよ、なんぢたくせしことまもりて、みだりなるきょげんおよいつはりてしきしょうするはんろんけよ、
21 あるものこれふけりて、しんせむけり。ねがはくはおんちょうなんぢともらんことを、アミン

戻る