フェサロニカに達する後書

 1  2  3


1 1 パワェルおよびシルアン、およびティモフェイは、しょして、かみわれちちおよしゅイイスス ハリストスにるフェサロニカのけうくわいたっす。
2 ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれちちおよしゅイイスス ハリストスよりなんぢたまはらんことを。
3 兄弟けいていよ、われつねなんぢためかみかんしゃすべし、よろしきにかなふなり。けだしなんぢしんおほいちゃうじ、なんぢしゅううち各人おのおのあひたがひあいいよいよす、
4 われみづかなんぢもっかみしょけうくわいうちほこるにいたれり、けだしなんぢにんたいしんとをもって、およそきんちくくわんなんくるなり。
5 なんぢくるしみてところかみくにしめんために、かみなるしんぱんあらんことのあきらかなるしるしなり。
6 けだしなんぢくるしむるものくるしみもっむくい、
7 なんぢくるしめらるるものに、われともあんえつもっむくゆるは、かみまへなるなり、しゅイイススのてんより、そののうりょくてん使ともに、あらはるるときり。
8 かれくわえんもって、かみらざるものおよわれしゅイイスス ハリストスのふくいんしたがはざるものむくひあたふ、
9 かれしゅかんばせおよそのだいのうくわうえいよりえいゑんほろびばつけん、
10 すなはちかれきたりて、そのしょせいしゃうちくわうえいしゅうしんじゃうちげんあらはさんときり、なんぢわれしょうしんぜしがごとし。
11 これりてわれつねなんぢためたうして、われかみなんぢめしふるものし、かつだいのうもっおよそじんあいよきむねしんわざとをじゃうじゅせんことをもとむ、
12 われしゅイイスス ハリストスのなんぢうちに、なんぢかれうちおいて、われかみおよしゅイイスス ハリストスのおんちょうりて、えいせられんためなり。

2 1 兄弟けいていよ、われしゅイイスス ハリストスののぞむこと、およわれかれあつまることにきては、われなんぢもとむ、
2 なんぢあるひかみり、あるひことばり、あるひわれおくれるにたるしょりて、ハリストスのいますでいたるとふをもって、たやすこころうごかし、かつおそるるなからんことを。
3 ひとなにはふもっても、なんぢまどはすべからず、けだしはんさききたらず、かつはふひと淪亡ほろび
4 はいぎゃくものみづかたかくして、およかみあるひをがまるるものしょうするものえ、はなはだしきにいたりては、かみごとしん殿でんし、おのれしめしてかみものあらはれずば、そのいたらざらん。
5 なほなんぢうちりしときこれなんぢひしを、なんぢおくせざるか。
6 なんぢいまかれとどむるものる、かれそのときいたりてあらはれんためなり。
7 けだしはふみつすでおこなはる、ただいまおいこれとどむるものが、ちゅうかんよりのぞかるるにいたるまでは、じゃうじゅするあたはず。
8 そのときはふものあらはれん、しゅイイススはおのれくちもっかれころし、おのれこうりんあらはれもっはいせん。
9 そのとききたるはサタナのかうしたがひて、およそいつはりのうと、ちょうと、せきとをもってせん、
10 かつおよそ詭譎あざむきもっほろぶるものうちらん、けだしかれおのれすくひためしんじつあいけざりき。
11 ゆゑかみかれ迷謬まよひかうつかはして、かれいつはりしんずるをいたさん、
12 およしんじつしんぜずして、よろこべるものつみさだめられんためなり。
13 しかれどもしゅあいせらるる兄弟けいていよ、われなんぢためつねかみかんしゃすべし、けだしかみはじめより、かみせいせいしんじつしんずるしんとにりて、なんぢすくひためえらび、
14 われふくいんもって、なんぢこれせり、しゅイイスス ハリストスのくわうえいためなり。
15 兄弟けいていよ、ゆゑなんぢかたちて、われことばあるひしょもって、をしへられしところでんまもれ。
16 ねがはくはしゅイイスス ハリストスおよかみわれちちわれあいして、そのおんちょうりて、えいゑんなぐさめのぞみとをたまひしものは、
17 みづかなんぢこころなぐさめて、なんぢおよそぜんげんぜんがうかためん。

3 1 をはりふ、兄弟けいていよ、われためたうせよ、しゅことばひろまりて、えいせらるること、なんぢうちけるがごとく、
2 かつわれおよあくなるひとびとよりすくはれんためなり、けだしひとみなしんあるにはあらず。
3 しかれどもしゅしんなり、かれなんぢかためて、きょうあくしゃよりまもらん。
4 われしゅりてなんぢことかくしんす、なんぢわれめいずるところおこなひ、かつおこなはんことを。
5 ねがはくはしゅなんぢこころかみあいおよびハリストスのにんたいみちびかん。
6 兄弟けいていよ、われは、しゅイイスス ハリストスのもって、なんぢめいず、およみだりおこなひて、われよりけしところでんしたがはざる兄弟けいていよりとほざかれ。
7 けだしなんぢみづか如何いかわれならふべきをる、われなんぢうちりてみだりなることさざりき、
8 またなんぴとにもしょくせざりき、すなはちらうとをもって、よるひるげふせり、なんぢうち一人ひとりをもわづらはさざらんためなり、
9 われけんなきがゆゑあらず、すなはちおのれはんとしてなんぢあたへて、われならはしめんためなり。
10 けだしわれなんぢうちりしときこれもっなんぢめいぜり、ひとげふすことをほっせずば、くらからずと。
11 いまくに、なんぢうちあるものみだりなることおこなひ、なにごとをもさず、ただつとむ。
12 くのごとものわれは、しゅイイスス ハリストスをもって、めいかつすすむ、あんせいげふして、おのれぱんくらはんことを。
13 兄弟けいていよ、なんぢぜんおこなひてなかれ。
14 しょところわれことばかざるものあらば、かれしるして、ともまじはなかれ、かれはづかしめんためなり、
15 しかれどもかれてきごとくするなかれ、すなはち兄弟けいていごとをしへよ。
16 ねがはくはへいあんしゅみづかつねおよそことおいなんぢへいあんたまはん。ねがはくはしゅなんぢしゅうともらん。
17 われパワェルづからなんぢあんふ、しょごとこれもっしるしす、しょするところくのごとし、
18 ねがはくはわれしゅイイスス ハリストスのおんちょうなんぢしゅうともらんことを、アミン

戻る