フェサロニカに達する書

 1  2  3  4  5


1 1 パウェル、およびシルアン、およびティモフェイは、しょして、かみちちおよしゅイイスス ハリストスにるフェサロニカのけうくわいたっす。ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれちちおよしゅイイスス ハリストスよりなんぢたまはらんことを。
2 われなんぢたううちおくして、つねなんぢしゅうためかんしゃす。
3 なんぢかみわれちちまへしんおこなひあいらうわれしゅイイスス ハリストスにけるのぞみにんたいを、えずおもひ、
4 かつかみあいせらるる兄弟けいていよ、なんぢえらびるにりてなり。
5 けだしわれふくいんなんぢうちことばもってせしのみならず、すなはちちからもってし、せいしん゜をもってし、おほくのしょうもってせり、なんぢみづから、われなんぢうちりて、なんぢため如何いかなるものたりしかをるがごとし。
6 しかうしてなんぢわれおよしゅならものとなり、おほくのくわんなんうちに、せいしん゜のよろこびもって、ことばけて、
7 およそマケドニヤおよびアハイヤのうちしんずるものためはんるにいたれり。
8 けだししゅことばなんぢよりただマケドニヤおよびアハイヤにひびきしのみならず、すなはちおよそところおいなんぢかみけるしんつたはりて、われなにごとをもふをえうせざるにいたれり。
9 けだしかれみづかわれことべて、われ如何いかなんぢうちり、なんぢ如何いか偶像ぐうざうよりかみして、けるまことかみつかへ、
10 てんよりそのかれよりふくくわつせしめしイイスス、われしゃうらいいかりよりすくものきたるをつことをふ。

2 1 兄弟けいていよ、なんぢみづかわれなんぢうちりしことのぜんならざるをる、
2 すなはちわれは、なんぢれるごとく、さきにフィリッピにおいくるしみけ、かつはづかしめられてのちわれかみりて、ぜんとして、おほくのきんらうもっなんぢかみふくいんつたへたり。
3 けだしわれ勧諭すすめまどひよりするにあらず、よこしまよりするにあらず、いつはりよりするにあらず。
4 すなはちかみわれこころみて、ふくいんたくするにふるものししごとく、われこれひとよろこびるがごとくならず、すなはちわれこころこころみるかみよろこびるがごとし。
5 けだしなんぢれるがごとく、われいまかつなんぢまへへつらいことばさず、またなにことおいてもむさぼることをせず、かみしょうしゃなり。
6 われひとよりするくわうえいなんぢよりもにんよりももとめず。
7 われはハリストスの使として、げんしめすをべかりしといえどもなんぢうち温柔をんじうなりしこと、にうそのあいいくするがごとし。
8 われなんぢうれひて、ただかみふくいんのみならず、われたましひをもなんぢあたへんことをのぞめり、けだしなんぢあいものれり。
9 兄弟けいていよ、なんぢわれらうきんべんとをねんす、なんぢうち一人ひとりをもわづらはさざらんために、われよるひるわざして、かみふくいんなんぢつたへたり。
10 なんぢおよかみしょうす、われ如何いかにかせいけつこうてんにして、なんぢしんずるものうちおこなひしを、
11 けだしなんぢる、如何いかにかわれは、ちちそのけるがごとく、なんぢかくじんに、
12 なんぢそのくにくわうえいとにししかみかなひておこなはんことをすすめ、はげまし、もとめしを。
13 ゆゑわれなんぢわれよりきしかみことばけて、これひとことばごとくならず、すなはちかみことばごとけしを、かみかんしゃしてめず、まことかみことばにして、なんぢしんずるものうちりょくかうするなり。
14 けだし兄弟けいていよ、なんぢはイウデヤにるハリストス イイススにけるかみしょけうくわいならものれり、なんぢかれがイウデヤじんよりけしごとくるしみを、おのれどうぞくよりけたればなり。
15 イウデヤじんしゅイイススとそのしょげんしゃとをころし、われいだし、かみよろこびらず、ことごとくのひとさからひ、
16 われはうじんをしへてすくひしむるをこばむ、くのごとつねおのれつみますたす、しかれどもごくいかりかれのぞめり。
17 兄弟けいていよ、われしばらおもてもってし、こころもってせずして、なんぢはなれて、いよいよせつのぞみて、なんぢおもてんことをつとめたり。
18 ゆゑわれすなはちわれパワェル、ひとたびまた二次ふたたびなんぢいたらんとほっしたれども、サタナわれはばみたり。
19 けだしたれわれのぞみあるひよろこびあるひほこりかんむりたる。なんぢわれしゅイイスス ハリストスのまへに、そのかうりんおいれなるにあらずや。
20 けだしなんぢわれくわうえいおよよろこびなり。

3 1 ゆゑわれまたしのばずして、ひとりアフィニにとどまるをおもひさだめ、
2 兄弟けいていかみえきしゃ、ハリストスのふくいんけるわれどうらうしゃたる、ティモフェイをつかはせり、なんぢかため、なんぢしんおいなんぢなぐさめんため
3 一人ひとりくわんなんりてうごかざらんためなり、なんぢみづかわれこれさだまりたるをればなり。
4 けだしわれなんぢうちりしときわれなんはんことをあらかじなんぢげたりしが、はたしてくのごとれり、なんぢこれる。
5 ゆゑわれまたしのばずしてなんぢしんらんためつかはせり、おそらくは試誘いざなふものなんぢいざなひ、しかうしてわれらうぜんならん。
6 いまはティモフェイなんぢよりわれきたりて、われなんぢしんあいとのよきおとづれほうじ、またなんぢつねねんごろわれおもひ、われなんぢけるがごとく、われんとほっするをげたり、
7 ゆゑ兄弟けいていよ、われおよそくわんなんきうはくうちおいて、なんぢしんりて、なんぢためなぐさめたり、
8 けだしなんぢしゅおいかたつにりて、われいまく。
9 われなんぢためおよわれかみまへなんぢりてよろこところよろこびために、如何いかなるかんしゃしん゜にするをんか。
10 よるひるせついのるは、なんぢおもておよなんぢしんらざるところおぎなはんことなり。
11 ねがはくはかみわれちちおよわれしゅイイスス ハリストスは、みづかわれみちなんぢむかはしめん。
12 ねがはくはまたしゅなんぢあひたがひおよしゅうじんけるあいし、かつたして、われなんぢけるあいごとくせんことを、
13 なんぢこころせいけつてんにして、かみわれちちまへに、われしゅイイスス ハリストスのそのしゅうせいしゃともきたらんときに、たしめんためなり、アミン

4 1 これきはむるに、兄弟けいていよ、われハリストス イイススをもっなんぢもとめ、なんぢすすむ、なんぢすで如何いかおこなひ、およかみよろこばしむべきをわれよりけ、かつこれおこなふにりて、ますますこれしんせよ、
2 なんぢわれしゅイイススにりて、如何いかなるかいめいなんぢさづけしをればなり、
3 けだしかみむねなんぢせいけつなり、すなはちなんぢみづかいんかういましむるにり、
4 なんぢおのおのおのれうつはまもるに、せいけつそんもってし、
5 かみらざるはうじんごとく、じゃうよくもってせざるをるにり、
6 またなにごとおいても、おのれ兄弟けいていたいして、はふたがひ、むさぼりておこなはざるにり、けだししゅおよこれためむくひものなり、さきなんぢかつしょうせしがごとし。
7 けだしかみわれししは、くわいためあらず、すなはちせいけつためなり。
8 ゆゑこばものは、ひとこばむにあらず、すなはちわれそのせいしん゜を与へたるかみこばむなり。
9 兄弟けいていあいいたりては、なんぢしょするをえうせず、なんぢみづかあひあいすることをかみよりをしへられたればなり、
10 けだしなんぢはたしてくのごとぜんマケドニヤにしょ兄弟けいていおこなふ。
11 兄弟けいていよ、われなんぢすすむ、ますますこれしんし、かつつとめてあんせいまもり、おのれことおこなひ、づからわざさんことを、なんぢいましめしがごとし、
12 なんぢおこなひそとひとまへたんせいにして、またみづかとぼしきことなからんためなり。
13 兄弟けいていよ、ねむりしものいたりては、われなんぢらざるをほっせず、なんぢのぞみなきものごとかなしまざらんためなり。
14 けだしわれイイススのしてふくくわつせしことをしんぜばすなはちかみはイイススにりてねむりしものをもかれともたづさへん。
15 けだしわれしゅことばもっなんぢぐ、われきてしゅきたるまでそんするものは、ねむりしものさきだたざらん、
16 けだしみづかがうれいと、てん使しゅこゑと、かみらっぱともなはれて、てんよりくだらん、しかうしてハリストスにりてせしものふくくわつせん、
17 そののちわれきてそんするものは、かれともくもげられて、しゅくううちむかへん、
18 くのごとくしてつねしゅともらん。ゆゑなんぢこれことばもったがひなぐさめよ。

5 1 兄弟けいていよ、ときおよときいたりては、なんぢしょするをえうせず、
2 けだしなんぢみづから、しゅきたらんことを、ぬすびとよるきたるがごときを、あきらかるなり。
3 けだしひとへいあんなりとはんとき滅亡ほろびたちまちかれいたらん、さんはらめるをんなけるがごとし、かれくるをざらん。
4 しかれども兄弟けいていよ、なんぢくらやみらずして、そのぬすびとごとなんぢおよばしめんざらん。
5 けだしなんぢみなひかりひるなり、われよるものくらやみものあらず。
6 ゆゑわれにんごとからず、すなはちけいせいきんしんすべし。
7 けだしぬるものよるね、ものよるふなり。
8 われひるなるにりて、しんあいとのよろひおよすくひのぞみかぶとて、きんしんすべし。
9 けだしかみわれいかりためさだめしにあらず、すなはちすくひしめんためなり、われしゅイイスス ハリストスにりてなり、
10 かれわれためせり、われけいせいするも、ぬるも、かれともきんためなり。
11 ゆゑなんぢたがひなぐさたがひとくてよ、なんぢすでおこなところごとし。
12 兄弟けいていよ、われなんぢもとむ、なんぢうちらうし、しゅりてなんぢをさめ、なんぢをしふるものみとめて、
13 かれわざためかれたふとびて、あつあいせよ。なんぢたがひむつましくせよ。
14 兄弟けいていよ、われなんぢすすむ、妄行みだりなるものいましめ、ゑたるものなぐさめ、よわものたすけ、しゅうじんつにくわんにんもってせよ。
15 つつしみてあくもっあくむくゆるなかれ、つねたがひぜんひ、またこれしゅうじんおよぼせ。
16 つねよろこべ。
17 めずしていのれ。
18 およそことかんしゃせよ、けだしなんぢためにハリストス イイススにかみむねなり。
19 しん゜をなかれ。
20 げんかろんずるなかれ、
21 およそことさっして、ものれ。
22 ことごとくのあくたぐゐはなれよ。
23 ねがはくはへいあんかみみづかなんぢまったせいにし、なんぢかみれいたいとはまったうしまもられて、われしゅイイスス ハリストスのかうりんとききずなからん。
24 なんぢものまことしんなるものにして、かれこれおこなはん。
25 兄弟けいていよ、われためいのれ。
26 せいなるせっぷんもっことごとくの兄弟けいていあんへ。
27 われしゅもっなんぢしょことごとくのせい兄弟けいていまへまんことをちかはしむ。
28 ねがはくはわれしゅイイスス ハリストスのおんちょうなんぢともらんことを、アミン

戻る