コロサイ人に達する書

 1  2  3  4


1 1 パウェル、かみむねりてイイスス ハリストスの使れるものおよ兄弟けいていティモフェイは、
2 しょしてコロサイにせい、ハリストス イイススにおいしんなるしょ兄弟けいていたっす。ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれちちおよしゅイイスス ハリストスよりなんぢたまはらんことを。
3 われつねなんぢためたうして、かみわれしゅイイスス ハリストスのちちかんしゃす。
4 なんぢがハリストス イイススにけるしんおよしゅうせいけるあい
5 すなはちなんぢさきふくいんしんことばうちきしごとく、てんなんぢためそなへたるところけるのぞみものきたればなり。
6 ふくいんなんぢうちそんすること、ぜんかいけるがごとし、かつむすび、また蔓延まんえんすること、なんぢうちおいなんぢこれきて、かみおんちょうしんじつりしよりするがごとし。
7 なんぢわれあいなるどうらうしゃなんぢためにハリストスのちゅうしんえきしゃたる、エパフラスよりまなびしがごとし。
8 かれなんぢかみあいわれげたり。
9 ゆゑわれこれきしより、なんぢためえずたうして、なんぢに、およそしんしきとをもって、ことごかみむねるとしめんことをもとむ、
10 なんぢかみよろしきところごとおこなひて、およそことかれよろこばせ、およそぜんおいむすび、かみしきちゃうじ、
11 そのくわうえいけんのうしたがおよそちからかためられて、およそことよろこびて、にんたいごうにんせんためなり。
12 われまたかみちちかんしゃす、そのわれして、しょせいともくわうめいげふぶんあらしむるをもってなり。
13 かれわれ黒暗くらやみけんよりすくひて、そのあいくにうつせり、
14 けだしわれかれりて、そのもって、あがなひおよつみゆるしたり。
15 かれからざるかみかたちにして、ばんぶつさきうまれたるものなり。
16 けだしばんぶつかれりてつくられたり、てんものものものからざるものあるひはうあるひしゅせいあるひしゅりゃうあるひけんぺい一切いっさいかれもって、かつかれためつくられたり。
17 かればんぶつよりさきにして、ばんぶつかれりてつ。
18 かつかれそのからだたるけうくわいかしらなり、かれげんにして、うちよりはじめてうまれたるものなり、そのばんおいしゅたらんためなり。
19 けだしちちよろこところは、かれうちおよそじゅうまんそんざいし、
20 かつかれりて、そのじふもって、ものをもてんものをもふくせしめて、かれりて、一切いっさいおのれせしむるにり。
21 なんぢもととほざかりて、意念おもひもっしきおこなひもってきたりしものをも、
22 いまかれにくたいもって、そのりてせしめたり、なんぢを、せいにしてきずなくめなきものとして、おのれまへたしめんためなり。
23 なんぢしんもとゐちて、うごきなくとどまり、ふくいんのぞみよりうつらず、かならずこれん、ふくいんすなはちなんぢきしところてんことごとくのじゅざうぶつつたへられしところわれパワェルがそのえきしゃりしところものなり。
24 いまわれなんぢためくるところくるしみよろこび、かつにくたいおいて、ハリストスのたいすなはちけうくわいために、われくるところのハリストスのくわんなんおぎなふ。
25 われなんぢためわれたくせられしかみさだせいしたがひて、けうくわいえきしゃれり、かみことば
26 すなはちれきせいれきだいかくされ、いまかれせいあらはされたるおくあまねつたへんためなり。
27 かみせいに、はうじんうちおいおくくわうえいとみ如何いかなるを、らしめんとほっせり、これすなはちハリストスなんぢうちり、くわうえいのぞみなり。
28 われかれつたへて、およそひとさとし、ことごとくのもっこれをしふ、およそひとをハリストス イイススにおいて、くわんぜんなるものとして、たしめんためなり。
29 われこれためそのおほいちからもって、うちかうするちからしたがひて、らうきんべんするなり。

2 1 われなんぢため、ラヲディキヤとイエラポリとにものためおよおよにくたいおいいまおもて覿ざりしものために、如何いかしんらうするかを、なんぢらんことをほっす。
2 ねがはくはかれこころあいがふせられて、くわんぜんなる穎悟さとりとみかみちちおよびハリストスのあうりて、なぐさめけんことを、
3 しきとの一切いっさいたからは、ハリストスのうちかくるるなり。
4 われこれふは、ひとたくみなることばもって、なんぢまどはさざらんためなり。
5 けだしわれともらずといえどもかみなんぢともりてよろこび、なんぢちつじょおよなんぢがハリストスにけるしんかたきをるなり。
6 ゆゑなんぢしゅハリストス イイススをけしごとく、かれりておこなへ、
7 かれうちふかくし、かたてられ、なんぢをしへられしごとしんけんになり、これますますちゃうじて、かんしゃせよ。
8 兄弟けいていよ、つつしめ、ひとが、ハリストスにしたがはずして、ひとでんしたがひ、げんぎゃうしたががくくうじゅつとをもって、なんぢまどはさざらんためなり。
9 けだししんせいじゅうまんことごとじつたいもってハリストスにるなり。
10 なんぢかれすなはちおよそしゅりゃうけんぺいかしらたるものりて、じゅうまんせられたり。
11 かれりて、なんぢまたもってせざるかつれいけたり、すなはちにくしんつみたいところのハリストスのかつれいなり。
12 せんれいもって、なんぢかれともはうむられて、またかれよりふくくわつせしめしかみちからしんずるをもって、かれともふくくわつせり。
13 なんぢかつしょざいかつれいなきとにりてせしものを、かみかれともかして、われことごとくのつみゆるし、
14 われたいするれいかきつけわれむるものし、かれこれちゅうかんよりりて、じふていせり。
15 しゅりゃうけんぺいよりちからうばひて、かれあらはこれはづかしめ、じふもっかれてり。
16 これもっ食物くひものあるひ飲物のみものあるひせつあるひしんげつあるひ安息日スボタゆゑりて、ひとなんぢからず、
17 みなしゃうらいものかげにして、じつたいはハリストスにり。
18 なんぴとにん謙遜へりくだりと、てん使ほうすることとをもって、なんぢあざむくべからず、かれいまざることうかがひ、おのれにくもっみだりほこ
19 かしららず、けだしぜんたいかしらより、もろもろふしすぢとにりて、あひたすあひつながりて、かみちゃうもっちゃうずるなり。
20 ゆゑなんぢしハリストスとともに、げんぎゃうためせしならば、なんものごとれいしたがふ、
21 すなはちるるなかれ、むるなかれ、さはなかれと、
22 これみなもちゐるにりてつ、ひといましめをしへとにしたがふなり、
23 ただぐわいへうにしてにんほう謙遜へりくだりと、をししまざること、およにくたいやしなふをおもんぜざるにあり。

3 1 ゆゑなんぢしハリストスとともふくくわつせしならば、うへこともとめよ、すなはちハリストスがかみみぎするところことなり。
2 うへこともっおもひせ、こともってするなかれ。
3 けだしなんぢなんぢ生命いのちはハリストスとともかみうちかくれたり。
4 なんぢ生命いのちたるハリストスのあらはれんときなんぢかれともくわうえいうちあらはれん。
5 ゆゑなんぢたいころせ、すなはちいんかうくわいじゃあくよくおよたんらんすなはちはい偶像ぐうざうこれなり、
6 これためかみいかり悖逆さからひのぞむ。
7 なんぢさきに、かれうちりしときこれおこなへり。
8 いまなんぢ忿怒いかり恚憾いきどほり怨恨うらみ謗讟そしりなんぢくちよりだすづべきことば一切いっさいこれれ、
9 たがひいつはりなかれ、けだしなんぢふるひとそのおこなとをぎて、
10 あらたなるひとすなはちかれつくりしものかたちしたがひてしきあらためらるるものたり。
11 これにはエリンじんおよびイウデヤじんかつれいおよかつれい夷狄*ワルワルおよびスキフ、れいおよしゅものなし、すなはちハリストスは一切いっさいなり、およ一切いっさいうちり。
12 ゆゑなんぢかみえらびかうむりし、せいにしてあいせらるるものとして、じんあいけんそん温柔をんじうごうにんよ、
13 たがひむべきことあらば、あひじょし、あひゆるせ、ハリストスのなんぢゆるししごとく、なんぢくのごとくせよ、
14 およこれうへあいよ、くわんそうかうなり。
15 かつかみへいあんなんぢうちつかさたるべし、なんぢ一体いったいおいこれされたり、なんぢまたおんかんぜよ。
16 ハリストスのことばゆたかなんぢうちるべし、およそもっあひをしへ、あひいましめ、せいえいしょうぞくしん゜のとをもって、おんちょうりてなんぢこころして、しゅさんせよ、
17 なんぢおよところことあるひことばあるひおこなひみなしゅイイスス ハリストスのりてこれし、かれりてかみちちかんしゃせよ。
18 つまよ、なんぢをっとしたがへ、しゅりてよろしきところごとし。
19 をっとよ、なんぢつまあいせよ、からこれあしらなかれ。
20 よ、およそことおいなんぢしたがへ、けだししゅよろこところなり。
21 ちちよ、なんぢいからしむるなかれ、そのゑざらんためなり。
22 ぼくよ、およそことおいて、にくたいぞくするなんぢしゅしたがへ、ひとよろこびものごとく、ただまへおいてするのみならず、すなはち樸直すなほなるこころもって、かみおそれてつとめよ、
23 およなんぢところは、こころよりこれし、ひとけるがごとくせずして、しゅけるがごとくせよ、
24 なんぢしゅよりげふむくひけんことをればなり、けだしなんぢしゅハリストスにつとむ。
25 おこなものは、またむくひけん、しゅへんするところなし。

4 1 しゅなるものよ、こうへいとをもっぼくほどこせ、てんにはなんぢにもしゅあることをればなり。
2 たうつねにして、これけいせいし、かつかんしゃせよ。
3 またわれためにもたうせよ、かみわれことばもんひらきて、ハリストスのあう縲絏るゐせつところもっものはしめんため
4 これふべきがごとく、われをしてこれあらはさしめんためなり。
5 もって、かつをりじょうじて、そとものおこなへ。
6 なんぢことばつねおんもってし、しほ調ていすべし、なんぢ如何いかにかかくじんこたふべきをらんためなり。
7 あい兄弟けいていしゅりてちゅうしんなるえきしゃおよどうらうしゃティヒクは、われことことごとなんぢげん。
8 われことこれためかれなんぢつかはせり、かれなんぢことり、かつなんぢこころなぐさめんためなり。
9 かれともわれちゅうしんにしてあいなる兄弟けいていオニシム、なんぢうち一人ひとりものつかはせり、かれところことことごとなんぢげん。
10 われともめしうどれるアリスタルフ、およびワルナワのをひマルコはなんぢあんふ、マルコのことくわんしては、かつめいけたり、かれなんぢきたらば、これけよ、
11 またイイスス、しょうしてイウストとものは、なんぢあんふ、かれかつれいけしものなり。ただかれのみ、われともかみくにためらうして、われなぐさめれり。
12 なんぢ一人ひとりなるエパフラス イイスス ハリストスのぼくは、なんぢあんふ、かれつねつとめてなんぢためたうし、なんぢぜんにしてち、ことごとくのかみむねまったまもらんことをふ。
13 われかれためしょうす、かれなんぢおよびラヲディキヤとイエラポリとにものためはなはだねっしんす。
14 あいなるルカ、およびディマスなんぢあんふ。
15 なんぢラヲディキヤにしょ兄弟けいていおよびニムファンとそのいへけうくわいとにあんへ。
16 しょなんぢこれみてのち、ラヲディキヤのけうくわいこれまんことをいたせ、ラヲディキヤよりするしょは、なんぢこれめ。
17 アルヒップにげよ、なんぢしゅりてけしところつとめつつしみて、これくせと。
18 われパワェルづからあんふ。われ縲絏るゐせつおもへ。ねがはくはおんちょうなんぢしゅうともらんことを、アミン

戻る