イオナの預言書

 1  2  3  4



1 1 しゅことばアマフィヤのイオナにのぞめり、いはく、
2 ちて、おほいなるまちニネワィヤにきて、これつたへよ、けだしそのあくこゑのぼりてまへいたれり。
3 イオナちて、しゅおもてけて、ファルシスにのがれんとほっして、イオッピヤにいたり、ファルシスにかんとするふねひて、あたひきふしてこれのぼれり、しゅおもてけて、かれともにファルシスにかんためなり。
4 しかれどもしゅおほかぜうみうへおこして、はげしき颶風はやてうみりたれば、ふねほとんやぶれんとせり。
5 舟人ふなうどおそれて、おのおのそのかみび、またふねかるくせんためその載貨つみにうみなげうてり、ただイオナはふね内層ないそうくだりて、して熟睡うまゐせり。
6 舟師かぢとりかれきてへり、なんぢなん熟睡うまゐする、きてなんぢかみべ、かみあるひわれおもひて、ほろびざらしめん。
7 ひとびとたがひへり、われくじきて、わざはひたれりてわれのぞみしかをらん。すなはちくじきしに、くじイオナにあたれり。
8 そのときみなかれへり、われつげげよ、わざはひわれのぞみしはなにゆゑぞ、なんぢげふなんぞや、なんぢいづこよりきたれるか、なんぢ故土ふるさとなんところぞ、なんぢいづれたみぞくするか。
9 かれへり、われはエウレイじんにして、しゅてんかみうみくがとをつくりしものうやまふ。
10 ここおいひとびとおほいおそれてかれへり、なんぢ胡為なんすれぞこれおこなひたる、けだしひとびとかれしゅおもてけてのがるるをれり、かれみづかこれつげげたればなり。
11 すなはちかれへり、われなんぢなにして、うみわれためしづまるをいたすべきか。けだしうみいよいよはなはだしくれたり。
12 イオナかれへり、われりてうみげよ、しからばうみなんぢためしづまらん、けだしわれる、おほいなる颶風はやてなんぢのぞみしはゆゑりてなり。
13 ひとびとつとめてこぎて、くがすすまんとほっしたれども、ついあたはざりき、うみかれむかひてますますはげしくれたればなり。
14 そのときかれしゅびてへり、しゅよ、なんぢもとむ、ひと生命いのちためわれほろぶるをいたなかれ、つみなきわれなかれ、けだしなんぢしゅよ、なんぢむねかなへることおこなへり。すなはちイオナをりて、うみげたれば、うみるることみたり。
15 ひとびとおほいしゅおそれて、しゅまつりけんじ、誓願ちかひてたり。
16 しゅおほいなるくじらめいじてイオナをましめたり、イオナはくじらはらうちりしこと三日さんじつさんなりき。  

2 1 ときにイオナはくじらはらよりしゅおのれかみいのりて
2 へり、われくわんなんうちしゅびしに、かれわれけり、ごくはらよりよばはりしに、なんぢこゑたまへり。
3 なんぢわれふちうちうみこころげたるに、りゅうすゐわれめぐり、なんぢ波濤なみなんぢおほなみことごとうへわたれり。
4 われへり、われなんぢまへよりはれたり、あにまたなんぢせいなる殿でんんや。
5 みづわれめぐりてたましひおよび、いまかぎりふちわれかこみ、かうべいわあひだくぐり、
6 われうちくだれり、そのえいゑんくわんぬきわれとざせり。しゅかみよ、ねがはくは生命いのち淪亡ほろびよりなんぢげられん。
7 たましひわれはなれんとするときわれしゅねんせり。ねがはくはいのりなんぢいたり、なんぢせいなる殿でんいたらん。
8 むなしくしていつはりなるしょしんうやまものおのれきょうじゅつしゃてたり、
9 しかれどもわれさんこゑもっなんぢまつりささげん、ちかひしことは、なんぢしゅすくひためこれつぐのはん。すくひしゅり。
10 しゅくじらめいじたれば、イオナををかいだせり。  

3 1 しゅことばふたたびイオナにのぞめり、いはく、
2 ちて、おほいなるまちニネワィヤにきて、これなんぢめいぜしことをつたへよ。
3 イオナちて、しゅしたがひて、ニネワィヤにけり。ニネワィヤはかみりておほいなるまちたりき、その歴程れきてい三日さんじつなり。
4 イオナはまちめぐはじめて、一日程いちじつほどきつつびてへり、なほじふにちありて、ニネワィヤはほろぼされん。
5 ニネワィヤじんかみしんじ、ものいみれ、おほいなるものよりちひさものいたるまであさたり。
6 ことばニネワィヤわういたりたれば、かれくらゐよりち、てうふくよりぎ、あさはひせり、
7 またわうおよしょだいじんもっめいくだして、ニネワィヤにれしめてへり、
8 ひとも、けものも、うしも、ひつじも、みななにをもくらふべからず、まきづべからず、みづむべからず、かつひとけものあさまとひ、せつかみび、またおのおのそのしきみちより、およそのきゃうばうよりはなるべし。
9 たれらん、かみあるひてんじてゐ、そのはげしきいかりとどめて、われほろぶるをいたさざらんことを。
10 かみかれ行為かうゐすなはちかれそのしきみちよりはなれたるをたれば、かれくださんとひしわざはひいて、これくださざりき。  

4 1 イオナはなはだことかなしみ、かついきどほり、
2 しゅいのりてへり、しゅよ、われなほりしときことひしにあらずや。これりてわれさきにファルシスにのがれたり、けだしわれなんぢじんにしてきょうじゅつくわんにんにしてこうおんなるかみわざはひゆるものなるをれり。
3 しゅよ、もとむ、いまいのちれ、けだしわれにはぬるはくるにまされり。
4 しゅへり、あになんぢこれりてはなはだしくかなしめるか。
5 イオナまちでて、まちひがしはうし、かれおのれためかやむすびて、そのかげせり、まちなにごとかあらんとためなり。
6 しゅかみひさごしゃうぜしめ、これもってイオナのうへおほひ、そのかうべためかげほどこせり、そのうれまぬれしめんためなり、イオナはひさごはなはだよろこべり。
7 しかれどもかみみゃうにちあかつきむしめいじて、そのひさごましめたれば、ひさごれたり。でしときかみあつひがしかぜおこし、イオナのかうべさらししに、かれよわりて、おのれためもとめてへり、われにはするはくるにまされり。
9 かみイオナにへり、あになんぢひさごためはなはだしくかなしめるか。かれへり、われはなはだかなしみてせんとせり。
10 そのときしゅへり、なんぢらうくはへず、そだてざるひさごいちしゃうじ、いちほろびしものおしめり、
11 いはんわれおほいなるまちニネワィヤ、そのうちじふばんいうべんぜざるものおよおほくの牲畜けものあるものしむべからざらんや。

戻る