エギペトを出づる記

 1  2  3  12  13  14  15  19  20  24  33  34  40



1 1 イズライリのしょそのちちイアコフとともにエギペトにりしものごとし、おのおのそのぜんともりたり、
2 ルワィム、シメオン、レワィイ、イウダ、
3 イッサハル、ザワゥロン、ワェニアミン 
4 ダン、ネファリム、ガド、アシルなり。
5 イオシフはすでにエギペトにりき。イアコフよりでたるものすべしちじふにんなり。
6 イオシフと、そのきゃうだいと、そのひとみなせり、
7 イズライリのしょおほみ、いよいよし、いよいよえ、太甚はなはだしくつよくなりて、そのつるにいたれり。
8 ここにイオシフのことらざるあたらしきわうエギペトにおこれり、
9 かれそのたみへり、よ、イズライリのしょやから多数たすうにして、われよりもつよし、
10 きたれ、われたくみなるはかりごともっかれあしらはん、おそらくはかれますますおほくなり、戦争たたかひおこることあるときは、われてきくみし、われちて、よりでんと。
11 すなはちえきつかさどものかれうへてて、おもえきもっかれつからせたり。かれはファラオンのためけんなるまちビフォ、ラメッシ、およびヲンすなはちエリオポリをてたり。
12 しかれどもいよいよかれむるにしたがひて、かれいよいよし、いよいよつよくなりて、エギペトじんイズライリのしょおそるるにいたれり。
13 ゆゑにエギペトじんきびしくイズライリのしょ労動らうだうせしめ、
14 和泥どろこね作甎かはらづくりえきはたもろもろおよむごかれさしむるりきえきもっかれせいくるしくせり。
15 またエギペトわうはエウレイのさんへり、そのひとりはセプフォラ、ひとりはフアなり、
16 これへり、なんぢエウレイの婦女をんなため收生とりあげときは、そのさんて、なんならばこれころせ、にょならばこれそんせよ。
17 しかれどもさんかみおそれ、エギペトわうかれめいぜしごとさずして、なんそんせり。
18 エギペトわうさんしてかれへり、なんぢなんことして、なんそんする。
19 さんファラオンにへり、エウレイのをんなはエギペトのをんなごとくならず、かれすこやかにして、さんかれらざるさきをはるなり。
20 これりてかみさんめぐみほどこせり、しかうしてたみいよいよしてはなはだつよくなれり。

2 5 ファラオンのむすめみづあみせんためかはくだり、そのはしためかはほとりあゆめり。かれあしあひだはこるをて、はしためつかはしてこれれり。
6 これひらけば、はこうちけるたり。ファラオンのむすめこれあはれみてへり、れエウレイじんなり。
7 ときそのあねファラオンのむすめへり、きて、エウレイのをんなうちよりなんぢためやしなふべき乳媼うばばんことをほっするか。
8 ファラオンのむすめかれへり、け。童女どうぢょきて、ははべり。
9 ファラオンのむすめかれへり、りて、ためこれやしなへ、われそのあたひなんぢあたへん。をんなりてこれやしなへり。
10 ちゃうずるにおよびて、これをファラオンのむすめたづさへたれば、すなはちそのれり、かれそのをモイセイとづけたり、けだしへり、われかれみづよりれり。
11 モイセイすでちゃうじて、でてそのきゃうだいたるイズライリのしょいたりて、そのえきたり。かれひとりのエギペトじんがエウレイじんすなはちおのれきゃうだいたるイズライリのしょひとりつをたれば、
12 いう環視みまはして、ひとらざるを、エギペトじんころして、これすなうちかくせり。
13 つぎまたでて、ふたりのエウレイじんあひたたかふをたれば、ものへり、なんぢなんそのとなりつ。
14 かれへり、たれなんぢてて、われ有司つかさおよさいばんくわんしたる、あになんぢ昨日さくじつエギペトじんころししごとく、われころさんとほっするか。モイセイおそれてへり、ことかならずあらはれたるならん。
15 ファラオンこときて、モイセイをもとめて、ころさんとほっせり、しかれどもモイセイ ファラオンのおもてけ、のがれてマティアムのすまめり。かれマティアムのきたりて、かたはらせり。
16 マティアムのさいしちにんむすめそのちちイオフィルのひつじぼくするものありき。かれきたりてみづみ、みづおけてて、そのちちイオフィルのひつじましめんとせしに、
17 ぼくしゃきたりてかれへり。モイセイちて、かれたすけ、みづみて、かれひつじましめたり。
18 かれそのちちラグイルにいたれるときかれへり、今日こんにちなんぢなんすみやかかへりたる。
19 かれへり、ひとりのエギペトじんわれぼくしゃよりたすけて、われためみづみて、ひつじましめたり。
20 かれそのむすめへり、ひといづくるか、なんかれすててたる、かれびてぱんくらはしむべし。
21 モイセイひとところりたり。かれそのむすめセプフォラをモイセイにあたへてつませり。つまはらみてなんめり、モイセイそのをギルサムとづけてへり、われはうかくたればなり。

3 1 モイセイかみやまホリフにきたれるに、
2 しゅ使つかひかれいばらよりづるほのほうちあらはれたり。かれるに、いばらゆれども、そのいばらけざりき。
3 モイセイへり、われきて、おほいなるしゃうん、いばらなんれぞけざる。
4 しゅそのきたりてんとするをて、いばらうちよりかれびてへり、モイセイよ、モイセイよ、かれへり、しゅなにぞ。
5 しゅへり、ここちかづくなかれ、なんぢあしよりくつけ、けだしなんぢてるところせいなり。
6 またかれへり、われなんぢちちかみ、アウラアムのかみ、イサアクのかみ、イアコフのかみなり。モイセイそのおもててんぜり、かみることおそれしがゆゑなり。
7 しゅはモイセイにへり、われはエギペトにたみくるしみ監督かんとくしゃかれ号呼さけびけり、われかれうれりて、
8 かれをエギペトじんよりすくひ、かれそのよりいだして、ひろみつちちとをながみちびれんためくだれり。

12 1 しゅはエギペトのおいてモイセイおよびアアロンにげてへり、
2 つきなんぢつきはじめなんぢとしだいいちがつすべし。
3 なんぢイズライリのしょぜんくわいしゅうつげげてへ、つき十日とをかに、いへちちたるものおのおのこひつじるべし、すなはちいへごとにひとつこひつじなり、
4 ぞくすくなくして、そのこひつじつくすことあたはずば、そのいへとなりひとともに、ひとかずしたがひてこれるべし、かくじんくらところしたがひて、なんぢこひつじはかるべし。
5 なんぢこひつじきずなきたうさいをすなるべし、綿羊ひつじあるひ山羊やぎよりこれれ、
6 つきじふにちまでこれまもり、そのくれおよびて、イズライリのしょくわいしゅうみなこれほふり、
7 そのりて、これくらはんとするいへもんいうの(はしら)とたてとにるべし、
8 よるそのにくきてくらひ、またたねなきぱんにがへてくらふべし。
9 これなまにても、みづてもくらなかれ、にてくべし、そのかしらすねざうとをみなくらふべし、これ明朝みゃうちゃうまでのこなかれ、そのほねなかれ、
10 そののこりたるもの明朝みゃうちゃうまでににてつくすべし。
11 くのごとこれくらへ、なんぢこしにはおびつかね、なんぢあしにはくつ穿き、なんぢにはつゑちて、いそぎてこれくらへ、しゅ逾越節パスハなり。

13 1 しゅはイズライリのしょをエギペトのよりいだししに、モイセイにひてへり。
2 およそイズライリのしょうちはじめてまれたる首生子はつこせいしてわれぞくせしめよ。
3 モイセイきて、しゅうみんあつめてへり、なんぢエギペトのよりれいいへよりでしおくせよ、けだししゅつよもっなんぢ彼処かしこよりいだせり。
10 なんぢかれはふまもれ。
11 しゅかみなんぢれっちかひしごとく、なんぢをハナアンのたづされんとき
12 なんぢおよはじめてまれたるなんわかちてしゅぞくせしめよ。
14 のちなんぢなんぢひて、なんぞとはんときなんぢかれふべし、しゅつよもっわれをエギペトのより、れいいへよりいだせり。
15 けだしファラオンが剛愎かたくなにしてわれいださざりしときしゅはエギペトのおいおよ首生子はつこたるものを、ひと首生子はつこよりけもの首生子はつこいたるまでころせり、ゆゑわれおよはじめてまれしをすまつりとしてささげ、およしょ首生子はつこあがなふ、
16 なんぢまへうごかざるしるしるべし。
20 イズライリのしょはソコホフよりすすみて、くわうとなれるオフォムにまくれり。
21 かみかれみちびきて、ひるにはくもはしらもっかれみちしめし、よるにははしらもっかれてらせり。
22 くもはしらひるに、はしらよるに、しゅうみんまへよりはなれざりき。

14 1 しゅはモイセイにつげげてへり、イズライリのしょ
2 へ、てんじて、ピガヒロトのまへあたりて、マグドルとうみとのあひだに、ワェエルセポンのまへまくるべし、これむかひてうみかたはらまくれ。
3 ファラオンそのたみにイズライリのしょことはん、かれまよひ、ひろかれとざせりと。
4 われファラオンのこころ剛愎かたくなにせん、かれそのあとはん、われはファラオンとそのぜんぐんとにりてくわうえいあらはさん、エギペトじんみなわれしゅなるをらんと。かれおこなへり。
5 たみげたること、エギペトわうほうぜられたれば、ファラオンおよそのしょぼくたみたひしてこころへんじてへり、われ何為なんすれぞこれし、イズライリのしょゆるして、われえきせざるをいたしたる。
6 ファラオンそのくるまそなへ、そのたみあつめてともかしめ、
7 精選えりすぐり兵車いくさぐるまろくぴゃくじょうおよそのエギペトのへいおよそのすべての軍長つかさひきゐたり。
8 しゅはエギペトわうファラオンおよそのしょぼくこころ剛愎かたくなにしたれば、かれはイズライリのしょあとへり、イズライリのしょたかりてでたり。
9 エギペトじんおよびファラオンのおよそうまくるまそのへいそのぐんりょかれあとひて、かれにピガヒロトのまへ、ワェエルセポンにむかひて、うみかたはらまくれるところおよべり。ファラオンちかづけり。
10 イズライリのしょげてるに、よ、エギペトじんかれあときたる、イズライリのしょおほいおそれてしゅび、
11 かつモイセイにへり、あにエギペトにはかなきにりて、われいだしてなしむるか、われをエギペトよりいだして、なんぢわれなにししか。
12 われエギペトにりて、あにことなんぢげざりしか、いはく、われきて、エギペトじんつかへしめよ、けだしわれエギペトじんつかふるは、ひろするよりまされり。
13 しかれどもモイセイたみへり、おそるるなかれ、ちて、しゅ今日こんにちなんぢおこなはんとするすくひよ、けだし今日こんにちなんぢところのエギペトじんは、のちながまたこれざらん、
14 しゅなんぢためたたかはん、なんぢしづまれ。
15 しゅはモイセイにへり、なんぢなんわれぶ、イズライリのしょつげげて、かれかしめよ、
16 なんぢつゑげ、なんぢうみうへべて、これわけて、イズライリのしょうみうちかわけるるべし。
17 よ、われファラオンとすべてのエギペトじんとのこころ剛愎かたくなにせん、かれそのあとらん、しかうしてわれはファラオンおよそのぜんぐんその兵車いくさぐるまそのへいりてくわうえいあらはさん、
18 がファラオン、その兵車いくさぐるまそのへいりてくわうえいあらはさんとき、エギペトじんみなわれしゅなるをらん。
19 ここおいてイズライリのしょじんえいまへけるかみ使つかひうつりて、かれうしろき、くもはしらかれまへよりうつりて、かれうしろち、
20 エギペトじんじんえいと、イズライリのしょじんえいとのあひだりて、かれためにはくもり、やみり、これためにはよるてらせり、これもっかれこれよるうちあひちかづかざりき。
21 モイセイそのうみうへべたれば、しゅ終夜よもすがらつよひがしかぜもっうみ退しりぞかしめて、うみくがし、みづわかれたり。
22 イズライリのしょうみうちかわけるりたるに、みづかれためみぎかべり、ひだりかべれり。
23 エギペトじんファラオンのうま兵車いくさぐるまへいみなかれあとひて、うみうちりたり。
24 暁更あかつきしゅくもとのはしらうちよりエギペトじんぐんかんがみて、エギペトじんぐんみだし、
25 そのくるましばりて、くにかたからしめたり。エギペトじんへり、われはイズライリのまへよりげん、しゅかれために、エギペトじんたたかへばなり。
26 しゅはモイセイにへり、なんぢうみうへべよ、みづまたあはして、エギペトじんその兵車いくさぐるまそのへいおほふべし。
27 モイセイうみうへべたれば、あさおよびて、みづもとところかへれり、エギペトじんみづしたおぼれるに、しゅはエギペトじんうみうちおとせり。
28 みづながまはりて、兵車いくさぐるまへいおよびファラオンのぜんぐんあとしたがひてうみりしものひて、かれうちひとりのこれるものなかりき。
29 ただイズライリのしょうみうちかわけるけり、みづかれためみぎかべり、ひだりかべれり。
30 しゅおいてイズライリをエギペトじんよりすくへり、イズライリのしょはエギペトじんしたるをうみたり。
31 イズライリはしゅがエギペトじんおこなひしおほいなることたれば、たみしゅおそれ、かみおよそのぼくモイセイをしんじたり。

15 1 そのときモイセイおよびイズライリのしょうたしゅうたへり、しゅうたはん、かれおごそかくわうえいあらはしたればなり、かれうま乗者のりてとをうみなげうてり。
2 たすものあらはれて、すくひれり、かれかみなり、われかれげん、かれちちかみなり、われかれたふとうたはん。
3 しゅぐんやぶものなり、そのしゅなり、
4 かれはファラオンの兵車いくさぐるまそのぐんとをうみなげうてり。えらばれたるへい軍長つかさくれなゐうみおぼらせり。
5 ふちもっかれおほひ、かれいしごと深処ふかみしづめり。
6 しゅなんぢみぎちからもっさかえあらはせり、しゅなんぢみぎてきやぶり、
7 なんぢくわうえいおほいなるをもっなんぢさかものほろぼせり。なんぢいかりはっしたれば、かれわらごとけり、
8 なんぢいきどほり気息いきりてみづわかれたり。おほみづかべごとり、なみうみなかれり。
9 てきへり、われひておよばん、抄掠ぶんどりものわかたん、たましひかしめん、つるぎもっころさん、かれせいせん。
10 なんぢきたれば、うみかれおほひ、かれなまりごとおほみづしづめり。
11 しゅよ、しょしんうちたれなんぢごときあらん、たれなんぢごとせいにしてあり、くわうえいにしてたふとむべく、もろもろせきおこなものあらん。
12 なんぢみぎべたれば、かれめり。
13 なんぢもっなんぢすくひしたみみちびけり。なんぢちからもっかれなんぢせいなる住居すまひおくれり、
14 しょみんこれきてをののき、フィリスティヤのきょみんおそいだけり。
15 そのときエドムのしょこうおそまどひ、モアフのぼくはくふるをののき、ハナアンのきょみんみなのぞみうしなへり。
16 ねがはくは畏懼おそれ戦慄をののきとはかれおよばん、ねがはくはなんぢひぢおほいなるにりて、かれいしごとくならん。
17 なんぢたみぐるにいたるまで、しゅよ、なんぢたるたみぐるにいたるまでしからん。なんぢかれみちびきて、なんぢげふやまゑ、しゅよ、なんぢおのれ住居すまひをとしてそなへしところしゅよ、なんぢつくりしせいしょたまへ。
18 しゅわうりて永遠えいゑんいたらん。
19 ファラオンのうまそのくるまそののりてともうみりしに。しゅかいすゐもっかれおほへり、ただイズライリのしょうみうちかわけるけり。
22 モイセイはイズライリのしょこうかいよりみちびきて、スルのりしに、かれくこと三日みっかにして、まんためみづざりき。
23 メッラにいたりしがメッラのみづむことあたはざりき、そのにがきをもってなり、ゆゑところはメッラ(苦)とづけられたり。
24 たみはモイセイにうらみごとしてへり、われなにまんか。モイセイしゅべり、しゅひとつしめしたれば、これみづとうぜしに、みづあまくなれり。
25 彼処かしこかみたみため律例おきて規定のりとをて、彼処かしこかれこころみ、
26 かつへり、なんぢつつしみてしゅなんぢかみこゑき、そのよろこところおこなひ、そのいましめみみかたむけ、そのことごとくの律例おきてまもらば、われがエギペトじんくはへしやまひひとつなんぢくはへざらん、けだしわれしゅなんぢいやものなり。
27 かれエリムにいたれり、そのところみづじふしゅしちじふかぶあり、かれ彼処かしこみづかたはらまくれり。

19 10 しゅはモイセイにへり、なんぢくだりてたみげよ、今日こんにちみゃうにちかれきよめよ、かれそのころもあらひ、
11 第三日だいさんじつためおのれそなふべし、けだし第三日だいさんじつしゅはシナイざんしゅうみんまへくだらん、
12 なんぢたみため四周まはりさかひまうけてへ、つつしみてやまのぼなかれ、いささかこれさはなかれ、およやまさはものかならずせん、
13 これふるからず、けだしいしもったれ、あるひもっころされん、ちくひととをろんぜず、くるをざらん。つのながり、くもやまよりはなるるに(およ)びて、かれやまのぼるをべしと。
14 モイセイやまくだり、たみいたりて、これせいにし、たみそのころもあらへり。
15 かれたみへり、第三日だいさんじつためおのれそなへよ、つまちかづくなかれと。
16 第三日だいさんじつあさに(およ)びて、シナイざんうへいかづちいなづま黒雲くらくもあり、つのこゑはなはだはげしくして、えいたみみなふるをののけり。
17 モイセイえいよりたみひきゐて、かみむかへしめんためでたり、たみやまふもとてり。
18 シナイざんみなけむれり、かみなかおいそのうへくだれるにりてなり、そのけむりゐろりけむりごとのぼり、ぜんざんおほいふるひ、たみみなはなはだおそれたり。
19 つのこゑいよいよおほいにして、そのることはなはだはげし、モイセイ ことばはっし、かみこゑもっこれこたへたり。

20 3 われなんぢしゅかみなり、われほかなにものをもかみなかれ。
4 ぐうざうおよおよかみてんものしもものつちなかみづあひだものなん形状かたちをもつくなかれ、
5 これをがなかれ、これつかふるなかれ。
7 みだりなんぢしゅかみくちにあぐるなかれ。
8 安息日スボタおぼえてこれせいとすべし、
9 六日むいかあひだはたらきてなんぢ一切いっさいげふすべし、
10 七日なぬかなんぢしゅかみあんそくなり。
12 なんぢ父母ふぼうやまへ、吉祥さいはひなんぢおよかつなんぢ寿いのちながからんためなり。
13 ころなかれ。
14 いんするなかれ。
15 ぬすなかれ。
16 隣人となりたひして虚妄いつはりしょうつるなかれ。
17 隣人となりつまねがなかれ、隣人となり居宅きょたくでんゑんぼくうしうさぎうまとう一切いっさいちくならびおよ隣人となりものむさぼなかれ。

24 12 しゅはモイセイにへり、なんぢやまわれもとのぼりて、彼処かしこて、われなんぢせきばん律法りっぱふおよ誡命かいめいわれかれをしへんためあらはししものあたへん。
13 モイセイおよそのじゅうしゃイイススはちてうへやまのぼれり。
14 モイセイちゃうらうへり、此処こことどまりて、われなんぢかへるをて、よ、アアロンおよびオルなんぢともり、ひと訟事うったへあらば、かれいたるべし。
15 モイセイやまのぼりたれば、くもやまおほへり。
16 かみくわうえいシナイざんくだり、くもこれおほへること六日むいかなり、七日なぬかいたりて、しゅくもなかよりモイセイをべり。
17 しゅくわうえいさまはイズライリのしょまへりて、やまいただきゆるごとくなりき。
18 モイセイくもなかり、やまのぼりて、じふにちじふ彼処かしこやまたり。

33 11 しゅはモイセイとおもてあはせてかたりしこと、ひとそのともかたれるごとし、のちかれゆるされてえいかへり、そのしゃナワィンのイイスス、わかものまくはなれざりき。
12 モイセイしゅへり、よ、なんぢわれふ、たみみちびのぼれ、しかるにたれをかわれともつかはさんをいまだわれしめさざりき。なんぢかつわれへり、われしゅうよりもなんぢる、なんぢわれまへめぐみたりと、
13 われなんぢまへめぐみたらば、もとむ、おのれわれしめせ、あきらかなんぢためなんぢまへめぐみたるものとしてらんためまたおほいなるぞくなんぢたみなるをらんためなり。
14 しゅかれへり、われみづかなんぢまへき、なんぢへいあんならしめん。
15 モイセイかれへり、なんぢみづかわれともかずば、われここよりいだなかれ。
16 われおよなんぢたみなんぢめぐみたることは、如何いかにしてまことるをべきか、なんぢわれともくをもってするにあらずや、しからばわれおよなんぢたみおよしょみんえてくわうえいん。
17 しゅはモイセイにへり、なんぢひしことをも、われおこなはん、けだしなんぢわれまへめぐみたり、われしゅうよりもなんぢる。
18 モイセイへり、もとむ、なんぢくわうえいわれしめせ。
19 しゅへり、われくわうえいなんぢまへぎしめ、しゅなんぢまへべん、われめぐまんとするものめぐみ、あはれまんとするものあはれむ。
20 またへり、なんぢおもて覿ることあたはず、けだしひとおもて覿て、なほくるをず。
21 しゅへり、よ、われところあり、なんぢいわうへて、
22 くわうえいぐるときわれなんぢいわあなき、るまで、もっなんぢおほはん、
23 のぞときは、なんぢん、おもてなんぢあらはれざらん。

34 4 モイセイつときて、しゅかれめいぜしごとくシナイざんのぼれり、
5 モイセイ彼処かしこかれまへちて、しゅべり。
6 しゅそのめんぜんぎて、べてへり、しゅかみこうおんにしてれん寛忍かんにんにしてじんかつしんじつなるものなり。
8 モイセイただちふくしてしゅはいせり。

40 1 しゅはモイセイにつげげてへり、
2 しょうがつがんたんなんぢしょうまくて、
3 そのうちひつき、帷幔とばりもっこれおほひ、
4 またつくゑおよその燈臺とうだいたづさり、
5 しょうはこまへかうかんためきんかうだんき、帷幔とばりしょうまくもんけ、
9 またかうり、まくおよその一切いっさいものりて、およそのもろもろうつはせいにせよ、しかからばせいらん、
10 また祭壇さいだんせいにせよ、しかからば祭壇さいだんせいらん。
16 モイセイはしゅかみイズライリのせいなるものめいぜしごとく、みなこれおこなへり。
34 くもしょうまくおほひて、しゅくわうえいまくち、
35 モイセイしょうまくることあたはざりき。くもそのうへとどまり、しゅくわうえいまくちたればなり。

戻る